療養生活をおくる上での注意点や感じたことを語ります

療養生活

療養生活中のライフイベントとストレス強度

療養生活中は、それでなくてもストレスが増えるものです。ライフイベントの中には、予期せぬイベントがあるが、予期できるライフイベントは予定を分散し、コントロールすることが重要です。
双極性障害

作業興奮について

身体を動かすと脳の側坐核という場所が刺激されます。その刺激により、側坐核から神経伝達物質のドーパミンが放出されます。そして、そのドーパミンの効果で作業興奮が起こされるとされています。
双極性障害

3月30日は世界双極性障害デー

3月30日は世界双極性障害デー(World Bipolar Day)です。これは2014年、国際双極性障害財団(IBPF)、国際双極性障害学会(ISBP)、およびアジア双極性障害ネットワーク(ANBP)により定められました。
中等度難聴

中等度難聴の世界

中等度難聴者の中には、補聴器が合わないタイプの方もいます。また、「聞こえる」と「聞き取れる」は違うのです、音は聞えますが、それが正しく聞き取れているとは限りません。中等度難聴者のお願いは、聞き返しても、嫌な顔をしないで欲しいです。
療養生活

診断が受け入れられない

病気の診断を受け入れるには段階が必要です。もし、貴方が診断を受け入れたくないなら、それは正常な反応なのです。でも、ずっとその段階で止まるのはやめて欲しいと思います。診断が受け入れられない時こそ、ニーバの祈りの詩を読んで欲しいです。
タイトルとURLをコピーしました